1. TOP
  2. 知っておかないとヤバイ!バイナリーオプションの危険性やリスク

知っておかないとヤバイ!バイナリーオプションの危険性やリスク

 2017/08/22 基礎講座   2,537 Views

バイナリーオプションは実際に投資としては結果が比較的に早く出やすいです。ですが、行う上でリスク・危険性が有ることを理解する必要があります。

自動車の免許を取る際は、免許を取る前に事故の映像や危険性をしっかり学んだ上で実技に活きます。これは事前の危機管理や使い方を誤ると恐ろしいことになること学んでます。そうすることで無茶な運転や危険なことを減らすことができます。

投資の世界では事前の危機管理について義務で教えてくれませんので自分で勉強・把握する必要があります。

今回の記事では事前の勉強として知っておかないとヤバいバイナリーオプションでの危険性やリスクについて記載していきます。

バイナリーオプションは比較的危険性が低い投資

バイナリーオプションはハイローゲームであり、掛け金が倍になるか失うかの単純な投資です。

そうです。実はFXや株と違って掛け金以上にマイナスにならない比較的にリスク・危険性が低い投資です。

上記の通り負け金が決まっている以上資金管理をしっかり行っていれば大きい負け金額にならないので自制心を保てれば危険性は低いです。

投資した金額限定で失う。それ以上のリスクはありません。

 

ただ単純でシンプルな投資のため、初心者や気軽に行うトレーダーは感情でどんどん投資してマイナスを増やしてしまうことが危険性にあります。当然ながら負けが続いてしまうと損失が大きくなってしまいます。そのため、ギャンブルと考えればハマってしまうと危険です。

 

なぜバイナリーオプションは危険と思われる?

前項を読めばバイナリーオプションに危険はないのでは?と、思う方も多いと思います。

実際にバイナリーオプションの取引自体の内容はリスクは少ないです。

 

ですが、その他のリスクとして下記があります。こちらはしっかりリスクを把握して対策できるので勉強してなくしましょう。

  • 出金トラブル
  • 過剰広告や詐欺業者

だと思います。

次章に詳細と対策を記載します。

 

出金トラブルについて

入金した分が全額返金されないことが実際に起こってます。それも業者毎に出金の条件があるのが、原因なので下記にまとめてみます。

海外では身分証明を後回しにする

日本ではあり得ないことですが、海外では身分証明を後回しにして取引を先に行うことが出来ることが多いですし、時間がかかってしまうことも多いです。そのため、いざ出金する際に身分証明が完了してないや身分証明の書類が足りない等のトラブルが出てくる場合もあります。

海外の業者は電子書類で済ますことが多いので郵送が多い日本より作業が楽ではありますが、結果時間がかかってしまうことが多くなります。そのため、出金トラブルにならないように取引前に身分証明は完了させておきましょう。

提出書類が厳しい業者

提出書類が厳しくそれを満たさないと出金出来ない業者もあります。有名なところでは「オプションリング」という業者です。必要書類及び条件は以下です。

◇条件

  • 下記の書類を提出して「オプションリング」の審査に相当の期間を要し、完了するまで出金出来ない。(居住地によるが最大2ヶ月程度かかるとのこと)
  • 入金の300%相当する金額取引しないと出金できない

◇提出書類

  • 本人確認資料
  • 有資格者(公証人等)による本人確認資料の認証(原本確認と写しが真正であることの証明)を郵送

 

前者はどこでも必要なので難しくないのですが、後者が難易度が高いです。

有資格者(公証人等)による本人確認資料の認証(原本確認と写しが真正であることの証明)に関しては調べても良くわからないですし、もし準備出来ても英文での提出が必要なため1万円程かかってしまう手間が大きいです。そのため、本気で行う人しか扱うには向かないと思います。

そんな本人確認の難易度が高いオプションリングは本人確認が出来なくても入金及び取引は可能ですが、出金の際に本人確認が完了していないと出金が出来ません。

そんな様子から詐欺業者と言われていることもあります。

 

オプションリングのように取引が可能だけど、出金が大変というのは海外業者にありがちなのでちゃんと出金が出来ることを確認した上で入金及び取引をしましょう。そうではないとバイナリーオプションは危険だ、詐欺だということになってしまいます。

 

入金時のボーナスについて

海外の業者に良くあるのが、10万円入金の際は5万円キャッシュバックみたいな仕組みです。10万円入金したら15万円になるという例ですが、そのまま出金すれば5万円利益になる!というおいしい内容ではありません。

日本の業者にあまりないことなので良く勘違いされますが、ほとんどにボーナス金の×数十の取引を行わないと出金出来ない等条件がついております。

上記の例であれば5万円の30倍の取引、つまり15万円の取引が必要。などです。こういった条件も業者ごとにあるのでしっかり確認してから入金しましょう。

 

そして実は、、

上記で出金トラブル(危険性)について記載はしましたが、結局は出金渋りは業者によってあります。

それはどういったことかというと、、

問い合わせは各業者の営業に電話します。その営業達は入金すれば入金の数%のバックされるようです。

(全ての業者ではないので誤解しないようにしてください。)

そういった事情があるので、出金するならいくらか入金してくれれば教えるよ。などのあのてこの手の営業をかけてきます。仕方ないことなのですが、しっかりお話をすれば営業業者も手を引いてくれます。

手間ではありますが、返金してくれないことはないのでしっかりお話しして資産は自分で守りましょう。

 

過剰広告や詐欺業者

今回の記事をここまで読んでいただければ業者だけではなく、利用者の認識不足のケースも多いことがわかっていただけたでしょうか。ただそれでもトラブルが多いのは何故か?下記に記載致しますのでご確認ください。

広告やローンチが過剰宣伝しているため

FacebookなどのSNSでの広告が、、

「100万円直ぐに稼げた」などを良く目にするようになったため、利用者が5万くらいなら簡単に稼げるだろう。など甘い気持ちで始めることが多くなったのが原因だと思います。

現実と広告の乖離を理解する必要があります。

何度でも言います。簡単に稼げる方法はありません。

 

日本のサービスは素晴らしい

これは、、

日本のサービスは本当に素早く丁寧な対応をしてくれるため、電話対応やサービスでは世界でもトップの水準の国です。

何が言いたいかというと、海外の業者の対応はあまり良くないです。そのため回答を放置された・回答が遅い・対応が酷すぎるなどの問題は起こりうるものです。

元も子もないことになりますが、ここは理解して冷静に対処してリスクの一つと捉えましょう。

 

ネット文化

2chなど掲示板サイトやネットでの書き込みがバイナリーオプションの印象を悪くしている面もあります。

例えば出金に時間がかかり途中で「出金されない。詐欺だ」等を書き込みした人がその後出金されたからといってわざわざ書き込みを削除する人はいないと思います。

また、ネガティブな情報を良く検索するのが日本人の特徴だと思います。そんな書き込みや検索の積み重ねが原因で危険や詐欺などのネガティブなワードが上位にきて勝手にバイナリーオプション=危険という印象を作ってます。

 

まとめ

バイナリーオプションにはネガティブな情報が多いですが一つ一つ調べてみると、利用者に非が有るケースが多かったです。(もちろん悪意のある業者もいるので全てではありませんが。)

知らないとヤバい!とタイトルに記載させて頂きましたが、海外業者を利用するにあたりしっかりリスクを把握しておけば余計なトラブルや出金出来ないなどのリスクを防げます。

 

業者や他人を疑うだけではなく自ら勉強して対策をすればリスク・危険性を減らせるのでしっかり勉強しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

バイナリーオプション攻略ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バイナリーオプション攻略ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • バイナリーオプションで無料で使えるインジケータ5つ

  • シグナル配信はこうだ!バイナリーオプションでMT4の使い方

  • 【税金】バイナリーオプションで出た利益は確定申告が必要か?

  • 【まずはデモから】バイナリーオプションのデモ口座徹底比較

  • バイナリーオプションで参考になる経済指標3つとその見方

  • バイナリーオプション詐欺の手口!この業者・会社は要注意